引越し 運転免許証

引越し後に行わなければならない手続きは意外と沢山あるものです。
転出届や転入届などの手続きは忘れずに行った!これで大丈夫!

でも、よく考えてみると何かが足りない?
市区町村役所以外にも行くところってあった?
そんなことがないようにしたいものですよね。

まず、その中の1つに運転免許証の住所を変更する手続きがあります。

引越し後の運転免許証の手続き!次の更新時にしてはいけないもの?

運転免許証の住所の変更の手続きをしないからと言って運転が出来ないわけではありません。

特に罰金などが発生するわけでもありません。

でも本来は「住所・氏名・本籍」に変更が発生した場合は行わなくてはならない手続きです。

もし何かで本人確認を求められた際に提出するものと言えば運転免許証が多く使われるでしょう。

健康保険証でも確認は出来ますが、写真入りではないため断られる場合もあります。

写真入りである運転免許証が一番本人確認がとれるものと判断して良いでしょう。
そう考えると運転免許証はとても重要なのです。

また、運転免許証の更新の連絡は葉書にて運転免許証の記載住所に届きます。

住所変更をしていないために葉書が届かず、更新を忘れた!なんてことにもなり兼ねません。

出来るだけ早く住所変更を行いましょう。

引越し後の運転免許証の変更手続き!何処で行えば良いのか?

  • 運転免許センター
  • 警察署(一部、交番でも可能です)

警察署での手続きは平日のみとなっています。

運転免許センターに関しては各都道府県によって手続き出来る日時が違います。

土曜日や日曜日に手続き可能な場所もありますので、事前に確認してみると良いでしょう。

引越し後の運転免許証の変更手続き!必要なものは?

運転免許証の住所変更の手続きの際に必要なものを書き出してみました。

  • 運転免許証
  • 新しい住所を確認出来る書類を1通

住民票(コピーは不可)、国民健康保険証、年金手帳、公的機関発行の本人宛の住所が記載された領収書のいずれかを提示します。

県外からの住所変更手続きの場合は写真(縦3cm×横2.4cm)の写真が必要な場合があります。

こちらも事前に確認のうえで手続きを行うとスムーズです。

なお、自動車を所有している方は車検証の変更の手続きも必要です。
こちらも早めに手続きを行いましょう。