転居届 郵便局

引越しが決まったら郵便局にて「転居届」を提出しましょう。

この届けを提出しておくだけで1年間、旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送されます。

なお、1年が経過した後も再度の手続きを行うことで更新も可能です。

郵便局に転居届を提出!手続き方法について

旧住所の最寄の郵便局にて手続きを行います。
でも実際には全国の何処の郵便局でも手続きは可能になっています。

手続きの際には本人(提出者)の確認出来る書類(運転免許証や健康保険証)が必要になります。

こちらを持参の上で手続きを行いましょう。

インターネットからも転居届の手続きが可能!

なかなか郵便局で手続きに行く時間が確保出来ない!
そんな方にはインターネットでの手続きをお勧めします。

郵便局へ出向かなくとも、転居届のハガキを投函しなくもインターネットから転居届の手続きが出来るのです。

手続きはこちらから可能です

こちらのサイトからまず名前とメールアドレスを入力します。

その上で送信すると記入したメールアドレスに折り返しのメールが届きます。
そこから手順に沿って旧住所や新住所の入力を済ませれば大丈夫です。

なお、メールアドレスは携帯のアドレスは不可となっています。
必ずパソコンのアドレスを用意した上で受付をしてください。

引越しの際の郵便局への転居届での注意事項

転居届の受付の後に転居の事実確認をする場合があるそうです。

旧住所あての確認書の送付

日本郵便株式会社社員が新住所への訪問→もし転居者が不在の場合は同居人等への転居者の居住の事実確認などを行う。

ですが、私も何度か引越しで転居届を提出していますが確認書が届いたことも訪問があったこともないです。

そのことから何かしらの理由がない限りは無いと思って大丈夫です。

転居届を提出して終わりという流れになるでしょう。

引越しの際の転居届!いつまでに手続きすればいい?

新住所に郵便物が届かない!そんなことになってしまっては大変です。
もしも旧住所に新しい方が入居していて、郵便物が届いてしまったら?

その郵便物が大切なものだったら?
それは考えれば分かることだと思います。

引越しをする1~2週間前には済ませておくのがベストでしょう。