引越し 初期費用

引越しにかかる初期費用の相場は一体どのくらいのものなのでしょう?

そう言われても一概には分からないものですよね。

これはあくまでも一般的な目安になりますが、賃貸契約にかかる初期費用は家賃の6か月分相当と言われています。

初期費用の内訳

単に6か月と聞いただけではあまりイメージがわかないかも知れません。
まず、初期費用としての内訳を書いてみましょう。

  • 家主にお礼として支払われる礼金が2か月分
  • 家主に退去時まで預け、滞納や退去時の修繕やクリーニングに充てられる敷金が2か月分
  • 他には今回の契約で不動産会社の収入となる仲介手数料が1か月分
  • 前家賃1か月分

という感じです。

全て月単位での計算で一律価格などではないのが特徴です。

たとえば10万円のワンルームマンションを借りたい!と思ったら賃貸契約の初期費用だけで60万円になるのです。

こうして見ると結構な金額がかかります。

そこに火災保険に加入するようになるので、その費用が大体1~2万円程度かかります。

あとは引越し会社の利用代金や引越しに伴う細々とした買い物などを含めるとかなりの初期費用が発生することになります。

敷金が0の場合も

また上記の中で敷金が1か月だったり、0か月なんてこともあります。

賃貸物件によるのですが、一概に敷金が1か月や0か月だと言っても退去時にはクリーニング代など含めた何かしらを請求をされます。

それらのことを考えると保険の意味も含めて初期費用の中で入れておくのが安心でしょう。

礼金や仲介手数料に関しては家主と不動産会社に払われる「お礼」になるので、こちらは安くても問題はないでしょう。

中にはキャンペーンで礼金無料や仲介手数料半額などを掲げてる場合もありますのでチェックしてみる価値はあります。

一般的な金額は6か月ですが、少し探してみることで初期費用も変えることが出来る場合もあります。

引越しの見積は早めに

あとは引越し会社の利用費用でも初期費用は大きく変わります。

新しい住居が決まったら引越し会社の何件かに見積りをお願いして条件が良い場所に決めるのが良いでしょう。

当然ながら同じ金額で見積もる引越し会社も少ないですし、交渉しての値引き可能な引越し会社もあります。

その上で引越し会社に払う金額は距離や住居階数によって値段は違ってきます。

引越し会社へ払う費用は環境により様々なので、相場がこれだけ!っていう明確な数字は出ません。

そのことから、まずは引越しが決まったら早めに見積りをお願いした方が良いですね。

初期費用は自分自身のちょっとした動き方次第で変えることが出来ます。