引っ越しを機に家具や家電を新調しよう、新居には持っていけないものは処分しよう、などなど、様々な理由で必ず廃棄されるものが出てくると思います。
その中で今回は「粗大ごみ」についてのお話をしようかと。

単身パックの粗大ごみ

まず、みなさんは「粗大ごみ」と呼ばれるものにどんなものがあるかご存知ですか?
大まかに言えば家具や家電ですよね。
引っ越し時に出やすいものとしては以下のものがあげられるかと思います。

  • 冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、洗濯機などの家電
  • たんす、衣装ケース、棚、椅子、テーブル、ソファなどの家具
  • 自転車
  • 布団
  • カーペットなどの敷物類
  • 30センチ以上のぬいぐるみ
  • スポーツ用品

安価に済ませるなら直接その地域の処理場やリサイクルセンターに持ち込むことかと思いますが、みんながみんなそのように運べるかと言ったら、うーん。

大体のものは指定のごみ捨て場に粗大ごみの引き取りシールを張って、自治体に連絡して回収してもらうことが出来ますが、いずれも大きさもあって自分で運び出すのは骨が折れるものばかりです。

単身パックを利用される方の中には急な引っ越しで時間がなかったり人手が足りない方もいらっしゃいますよね。

単身パック利用時でもそういったオプションのある引っ越し業者さんももちろんいらっしゃいます。

引き取ってもらうものによって値段が変わってきますし、少々料金が高いこともありますが引っ越し業者さんに頼めたらそれが一番楽かもしれません。

ただ、単身パックの場合は引っ越し当日に回収して下さる場合と別日になる場合、それぞれありますので確認が必須です。

不用品回収の業者さんも数多くあるので利用を検討してもいいかもしれませんが、わたしは一度業者さんに見積もりをお願いして目玉が飛び出るかと思いました…

回収してもらうものにもよるのですが、高い…!
特に冷蔵庫とテレビはとっても高額でした。

家電によってはリサイクル法によって粗大ごみとして破棄できないものがあり、冷蔵庫、テレビはその一部の為他の物に比べると高額になるようです。

引き取って貰えないこともあります…

個人的には回収業者さんよりリサイクル業者さんやリサイクルショップにお願いする方が料金も抑えられたのでおすすめします。
まだ使えそうなものなんかは買い取って頂けますし、その差は歴然です。

わたしは過去に回収業者さんにお願いして引っ越し料金のおよそ倍の料金を支払うことになって泣きを見ました…

せっかく単身パックでリーズナブルに済ませたのにそんなことになったら悔しいですよね。

地域によって粗大ごみの出し方やリサイクルの方法も多少変わってきますので、少し面倒かもしれませんが色々と調べて比べてみるのが一番損をしない方法ではないでしょうか。