引越しの際にそばを食べる習慣がありますが、この意味や由来を知っていますか?

多くの方が引越しの際にそばを口にしていると思います。
何となく口にしていて、それ以上のことってなかなか考えないと思います。

なかなか意味までは分からない!由来についても全くわからない!
そんな方が多いのではないでしょうか?

引越しそばについて!始まりは?何処から広まった?

もともとは食べるのではなく、配ることが目的だったのを知ってますか?
近隣の人に振る舞うというのがもともとの目的だったのです。

では、その基本となった引越しそばっていつ頃から始まったのでしょう?

実は随分と昔のことになるのですが、江戸時代の中期頃になるそうです。
場所についても現在の東京にあたる江戸を中心に広まって行ったそうです。

引越しそば!もともとの意味や由来は?

引越しを経験されている方ならば分かるかと思いますが、引越しの際に挨拶に行きますよね?
その際にタオルなど挨拶の品物を持参の上で行くと思います。
昔はその品物として渡していたのが「そば」だったそうです。

それを「引越しそば」と呼んでいたのです。

もともとの由来は引越しの際の挨拶の品物からということになるのですね。
実は、そばを送るようになる前も物を渡すという習慣はあったようです。
その際には餅や小豆粥を重箱にいれて配ると言ったものもあったそうです。

しかし、当時の小豆と言えばとても高価な品物でした。

挨拶の品物としては気を遣いすぎなのでは?となり、安く手に入って日持ちもするそばを送るようになったそうです。
それだけ、そばは人々にとって馴染みがあったり定着していたものなのでしょう。

もともと挨拶の品物だった引越しそば!改めて意味を考える

そばを選ぶ理由として「末永く」「細く長く」そんなお付き合いをしましょうという意味がこめられています。
最近はそばを配る習慣どころか引越しの挨拶に行くこともない世の中です。
そんなことから配るのではなく、自分たちで食べるものになったのでしょうね。

近所の人と関わりを持ちたくないとかどんな人が住んでるのか分からないから尚更です。

でもやはり挨拶は基本ですし、それでは何だか寂しい気もします。
江戸時代の洒落た江戸っ子の習慣に習って原点に戻ってみる。

そばを食べるのではなくて贈ってみるというのも素敵だと思いませんか?