洗濯機

引越し先で洗濯機を購入するのでしたら特に問題はないのですが、今使っているものを引越し先で使う場合も多くあります。

洗濯機は毎日、大量の水を使用することから常に水が残っている状態です。
引越しで運んでいる最中にこの水が外に漏れてしまっては大変!

他の荷物を濡らしてしまったり、場合によっては駄目にしてしまうこともあります。

なので、水抜きは必ず行わなくてはいけない作業です。

洗濯機の取り外しも普通に生活していては経験はありません。
自分で勝手に取り外すのは危険ですし、運ぶことも如何かなと思います。

洗濯機の水抜きの方法は?給水ホースの水抜き

水道の蛇口と洗濯機をつないでるホースを給水ホースと言います。
この部分には常に水が残っているので、引越しの際には前日までに水抜きを必ず行います。

水抜きの方法ですが、蛇口を閉まっていることを確認します。
そして、蛇口を閉めたまま洗濯機のスイッチを入れます。
1分ほど洗濯機を回すことで、給水ホースの水が洗濯機の水槽に全て移動します。

洗濯機の水抜きの方法は?排水ホースの水抜き

給水ホースの次は排水ホースです。
電源を入れて脱水コースのみを選択してスターとボタンを押します。

脱水コースが終了したら、洗濯機の蓋を開けて槽内に残っている水分をタオルで拭き取ります。

そして、排水口から排水ホースを抜くと洗濯機内部と排水ホースから水がどんどん排出されます。

ホース内の水が全部出れば作業は終了です。

水抜きですが、方法は洗濯機の機種によって違う場合があります。
念のため取扱説明書を見て慎重に取り扱ってください。

水抜きの後はホースの整理も忘れずに!

水抜きが終わったらホース類の整理も必ず行いましょう。
部品の紛失などがないように、槽内にまとめて入れておくのが良いです。

洗濯機の運び方と荷造り方法は?

洗濯機はダンボール箱などには入りません。
特に振動に弱い電化製品ではないので、厳重な梱包なども特に必要ありません。
運び方ですが、そのままの状態で引越し業者が運んで行くことがほとんどです。

なお、大手引越し業者の有料サービスで洗濯機の取り外しや設置のメニューももあります。

こういう作業が全般的に苦手な方は利用する価値があるでしょう。
取り付け方を間違って壊れてしまって使えない!なんてことになったら困ります。