引越し のし

引越しの挨拶に熨斗(のし)は必要なのでしょうか?

私の経験からするとあった方は良いかと思います。

引越しの挨拶にのしは必要?

私自身も何度か引越しを経験した中で、やはりある方とそうでない方がいました。
そもそも挨拶にアポイントをとってくる人は殆どいません。

挨拶に伺って「よろしくお願いします」と名前を名乗って挨拶をされても、その場での出来事です。

突然来て驚いた中でのやりとりになります。
そこで名前を覚え切れているか?と聞かれたら「そうでない」方が多いでしょう。

最近越してきた方の名前って何だっただろう?
後からそう思ってもなかなか確認もしずらいものですしね。

でも熨斗の書き方ってどうするのだろう?
ここでは熨斗の書き方や必要性、ポイントについて解説します。

のしの書き方、表書きとは?

よく何かの景品のタオルなどで「粗品」と書かれているのを見たことはありませんか?

実はこれは外国の影響などもあり、書いてしまうと相手への失礼に当たるそうです。

粗品と言う書き方は少し簡素的すぎますからね。

第一印象が決まってしまう場にもあたるので避けた方が良いでしょう。

のしの書き方、表書きはこう書く!

粗品と言う書き方が相応しくないのであれば何が良いのでしょう?

目的に当たる「御挨拶」と表書きの上の部分に書き、下の部分は苗字を書いてください。

インターネットの情報サイトなどでは「表書き不要」と書いている所もあるのですが、あった方が良いですし丁寧だと思います。

基本的には熨斗で良いと思いますが、手書きメッセージカードを添えるという方もいるそうです。。

「○月○月に引越しして来ました。宜しくお願いします。(苗字)」こんな感じでしょうか?

少し可愛らしいラッピングが施されてたりするとセンスの良さも感じますし、相手も好印象を抱いてくれるかも知れません。

引越しの挨拶ののし!注意点は!

なお、熨斗紙ですが、「白と赤の蝶結び」の水引のものを使用します。

これを間違えてしまうと意味も全く変わってしまいます。

相手に失礼を与えるだけではなく、今後の付き合いにも影響が出ますので必ず確認してくださいね。
 

そして、包装紙で包んだ手土産の上から、外熨斗をかけましょう。

挨拶に行くまでは不安もあるかも知れませんが、終わってしまえば本当にあっと言う間の出来事ですよ。