引越しといえば、そう
「荷造り」!!
もう避けては通れません。

今回はそんな荷造り、そして梱包のコツをお教えしちゃいます!
結構色々あるのでどんどんいきましょう!

荷物は必ず袋ではなく箱に入れる

たとえ中身が衣服でも紙袋などに入れた状態では業者さんにもっていってもらえないことがあります。
ばらけちゃう可能性もありますからね。

軽いものはまとめて大きい箱、重いものは小さめの箱に、と分けて入れると運ぶ時に楽です。

衣装ケースなどの中身がそのまま入っていてもOK

衣類だけでなく細かい雑貨などを梱包して入れてしまえば工夫次第でかなりのダンボール節約になります。

運ぶ際の梱包は業者さんがしてくれることが多いですが、念のために引き出しタイプの棚などは勝手に引き出しが開いてしまわないように閉じておいた方が良いかもしれません。

食器など割れ物の梱包には衣類が大活躍

食器類は梱包が必須ですが、私はいつも梱包材がもったいないのとかさばるのが嫌なので、バスタオルや衣服で梱包して箱詰めしています。

それはちょっと抵抗が…という方は、お皿→紙→お皿→紙…と重ねて最後にひとまとめにするとひとつひとつ梱包するよりもかさばらず手間も省けます!

箱詰めしたときに出来る隙間にタオルなどを詰めればクッション材代わりになってくれてゴミも削減◎

しまうもの、手荷物で持っていくものに注意!

段ボールなどは業者さんが積み込みやすいようランダムに積まれていくため、新居ですぐに使いたいものや必需品などは手荷物としてもっていくか現地で調達した方が良いです。

特に荷解きで使うもの!
カッターやはさみ、軍手、雑巾はないとかなり困ります…!!

ダンボールの裏ワザ

段ボールに何が入っているか記入するのは基本ですが、箱を止めるテープの色を変えるなどして目印にするのもかなり使える手です!

「赤いテープのものは奥の部屋、青いテープのものはキッチンへ」など、業者さんに伝えるときにも大活躍します。

それと、普段箱にいれて収納しているものはそのまま段ボールにつめたほうが荷解きの時に箱をあけたら元の棚にすぐに設置出来て片付けがかなり楽になりますよ。

冷蔵庫の準備

多くの業者さんに事前に言われるかとは思うのですが、冷蔵庫は前日までに中身を空にして扉を開けてコードを抜いておかないと水浸しになってしまうおそれがあるので気を付けてください!

ぎりぎりまで物が入っていることがないようにしましょう。

ざっとこんな感じ。

しまうだけが荷造りではなく、そのあとに全部出してしまうことがとても重要だと思います。

そのことを念頭に置いて、どんどん工夫して荷造りを行うのが最大のポイントかもしれません。

わたしの荷造りアイディアも、みなさまのお役に立てていたら嬉しいです!