靴

引越しの時に靴の収納をどうしたら良いものか?と考えてしまうことがあります。

私が靴が好きで、気付いたら何十足も持っていたくらいです。

靴は靴でも大きさや長さやデザインも異なることから、全て同じようには取り扱えません。

こちらでは私の経験を含めた靴の梱包や荷造り方法について書いてみます。

靴の梱包の方法について

まず、靴についた汚れはしっかり落としておきましょう。

靴は意外と汚れが多いものなので、引越しを機に綺麗にして新居で気持ちよく履けるようにしたいですよね。

梱包の方法ですが、エアキャップシート(パッキンシート)やビニール袋に新聞紙で包む方法。
あとはもしあればポリエチレンの発砲シートなどがお勧めです。

ポリエチレンの発砲シートですが、ホームセンターなどで入手出来ます。

ただお金がかかってしまうので、他のもので代用出来るのでしたらそうされた方が良いでしょう。

靴の梱包の注意点

ここで注意点を挙げます。

白い靴は色移りがとてもしやすいので慎重に扱ってください。

革靴など靴墨で磨いたものは他の靴を合わせることで汚れが移りますので、他の靴に着かないように気をつけましょう。

靴の入れ方ですが、出来るだけ横に寝かせてください

甲の部分を互い違いに内側に合わせて、底の部分を外にむけてダンボールに収納していきます。

他の靴とは、靴底同士を合わせるようにして梱包することで、違う靴の底同士が接触することになるので靴が汚れません。

靴はダンボールの中に重ねて梱包しますので、型崩れしにくものから順番に入れて下さい。

ただし、ブーツの場合は、このように梱包では型崩れする可能性があります。

ブーツの場合は、中に縦に丸めて円筒状になった新聞紙を多く詰めこんで折れないような状態にする。

あるいはブーツキーパーを支えとして使用することで形くずれ防止になります。

梱包した靴をしまう箱はどうすれば良い?

靴は買ってきた際に入っていた箱を使うのが良いのかも知れませんが、かなり場所をとります。

引越しは出来るだけコンパクトに済ませるのが良いのでお勧めは出来ません。

上記に記載した方法で大型~中型のダンボールに入れるのが扱いやすいでしょう。

なお、大手引越し業者指定の特別な専用資材として靴をいれる箱が用意されている場合もあります。

引越し業者にあらかじめ確認してみるのも良いでしょう。