健康保険

病院で診察を受ける際に必要なものは健康保険証

健康保険証があるとないとでは診察料金に大きな差があるのです。

ちょっとした診察でも1~2万円なんてことも珍しくありませんし、大きな怪我をしたら数十万円なんてことも出て来ます。

今回は引越し時の健康保険の手続きに関してです。

健康保険証の種類は?自分はどちらになるのか再確認!

健康保険証ですが2種類あります。
会社で加入させてくれる「社会保険」、個人で加入する「国民健康保険」があります。

引越しの手続きはそれぞれ違います。
手順に沿って間違いのないように手続きをしましょう。

社会保険の場合の保険証の住所変更の手続きは?

社会保険に加入してる場合の手続きは簡単です。
勤務先の保険担当である総務部などに伝えれば大丈夫です。
その上で必要書類を作成し、保険証の住所変更は可能となります。

引越しが決まったら早めに連絡をしてください。

なお、保険証のカードに記入された住所は自分で書き直すことになります。
忘れずに書き直しをしておきましょう。

国民健康保険の場合の保険証の住所変更の手続きは?

国民健康保険ですと自分自身で手続きをする必要があります。
旧住所で国民健康保険の資格喪失の手続きをしてください。

恐らく転出届の手続きの際に市区町村役所の担当から話はあると思いますが、手続きが必要になるのです。

何度も足を運ぶのでは大変ですので一度で済ませたいですよね。
その際には保険証と印鑑が必要になりますので、必ず持参してください。

もしも本人が行けないと言う場合は代理人でも可能です。
その場合は委任状や本人の確認書類、代理人の確認書類などが必要になります。
可能であれば本人が手続きをした方が手間はかからなそうですね。

そして、旧住所で手続きをしたら次は新住所にての手続きです。
新住所にて加入手続きが必要になるのですが、転入届の提出の際にあわせて行うのが効率的でしょう。

なお、こちらは引越し後の2週間以内が期限となっています。
その2週間のうちに何の病気にかかったり怪我をするか分かりません。
出来るだけ早く済ませてしまいましょう。

手続きの際には転出証明書、本人確認書類(免許証など)、印鑑が必要になります。

こちらも資格喪失と同様に代理人にての手続きは可能ですが、委任状や確認書類が必要になりますので本人が行うのがスムーズだと思います。