わたしは猫を飼ってています。
可愛くて大事な家族です。
引っ越しをするたびに、大丈夫かな、ストレスにならないかな、と心配でしょうがありません。

をはじめとするペットはとってもデリケート。人間ですら大変な引越しは、ペットたちにとっても一大事。
今回はそんな、引越しの時のペットのお話です。

引越しの時に犬や猫はどうする?

まずは引越し時の移動。
どこへ連れていかれるのか解らない長時間の移動はぺットにとっては大きなストレスになります。

やっぱりベストなのは飼い主と一緒に車で移動すること。
安心感が段違いです。

普段から病院やちょっとしたお出かけなんかで車になれているペットもいますよね。
ペットが一番安心できる方法をとれればもちろんそれに越したことはありません。

わたしは車を持っていないので電車とバスを利用したことがありますが、ちょっとした物音にも敏感で震えていることが多くて可哀想でした・・・。

お水やごはんをあげることもままならないのであまりおススメは出来ません。
それしか手段の取れない場合はしっかりとしたゲージに入れて、細かく様子を見てあげましょう。

それと電車の場合は「手回り品」として乗車料金が発生するので必ず駅員さんに窺ってください。

ゲージもそれほど大きくないようでしたら特に問題はありません。
長距離の場合は専用の業者さんにお願いすることも視野に入れておくと良いですね。

移動を終えて新居についたら、まずはそっとしておいてあげましょう。
ペットの性格にもよりますが、知らない場所に慣れるには時間がかかります。

ゲージからも無理やり出すのではなくいつでも好きな時に出入り出来るようにしておいて、その子のタイミングに任せておくことが大切です。

犬や猫のストレスが増えないように

トイレやハウスはなるべく以前から使っているものをそのまま用意してあげましょう。

環境の変化にとても敏感なので、いきなり全部が変わってしまうと落ち着くことが出来ず、トイレも失敗してしまいがちになります。

心配して構いすぎてしまうのもストレスになってしまうので、ペットが甘えてきたときにはスキンシップをとって、その他は自由に探索したり眺める時間にしてあげること。

その際に間違って脱走してしまわないように注意しましょう!
ペットに自由にさせてあげられるように、片付けや手続きなどが落ち着いてから連れてきてあげるのがいいかと思います。

普段は室外で飼うというような犬などの場合も、何日かは玄関先で寝かせてあげるなど工夫をしてあげてください。

あとは、近隣の動物病院もなるべく早くチェックしておきましょう。

細かくあげたらキリがないですが、一番大切なのは飼い主さんがペットがきちんと安心できるようにそばについていてあげることかなと思います。

最初はおどおどしていたうちの猫たちも3日ほどで新居に慣れてくれました。
一緒に楽しい新生活が送れるように、しっかりと気を配ってあげて下さいね。