引越し 会社 報告

引越しをすることって会社に報告は必要なのでしょうか?
働いてる方でそんな疑問を持った方もいるかと思います。

私自身もその1人で、特に必要性を感じていませんでした。
それに個人的なことを会社に伝えるのって抵抗あるし・・・という方もいるでしょう。

でも、それではいけません!
引越しをしたら(終わったら)必ず会社に報告をしてください。

引越しをしたら(終わったら)会社に報告する理由は?

会社に雇用されている立場である以上、報告することは義務の1つになります。
まずは会社に住所変更届という書類があると思います。
そちらを提出することで変更の手続きが出来ます。

そこから先の事務処理については総務部などの管轄になりますので特にすることはありません。

でもただ住所が変わっただけ?と思ってる方!それは違います。

でよく考えてみると健康保険、厚生年金、源泉徴収のそれぞれに住所が必要ですよね?

もっと身近なところで考えると通勤手当が住所変更を必要とする最も大きな理由です。

会社によって通勤手当の支給額や限度額は当然変わります。
使用する交通機関や車通勤での距離数が変わる場合は新たに計算することが必要になるのです。

引越しの報告を会社にしないとどうなるの?

先に述べた交通費の支給額が変更になり、多く頂いても少なく頂いてもトラブルになります。

金銭が絡むことにもなります。

規約違反の対象になり、後々に自分自身で対応出来ないくらい大きなことになる可能性もあるのです。

また、正しい住所を伝えておかないと住民税の計算が出来ないなどの事態にも発展します。

会社は住所のある市区町村役所に給与支払報告書を送付してますが、もし確認がとれない場合・・・

怒られるだけで済みますか?よく考えてみましょう。

会社への引越しの報告について確認しておくこと!

会社の規約の中に住所変更があった場合は手続きを必要とする場合が殆どだと思います。

一度、規約に目を通しておくことをお勧めします。

一番良いのは引越しが決まったら直属の上司や総務部の担当などに話をすることです。

その上でどう手順を踏んで良いのかを確認しましょう。

会社に雇用された以上、その会社のルールに従うのが社会人としての常識です。

嫌な思いをしないように、手続きを済ませてください。