引越し 挨拶 アパート

一人暮らしでアパートに引越しする場合は挨拶は必要でしょうか?
もしするとしたら何処までするのが常識なのでしょうか?
そう思う方もきっと多いでしょう。

でも最近は時代の流れと共に近所付き合いを嫌う方がとても増えて来ています。
挨拶には行かない!という方が多く居るのが現状です。

アパートでの一人暮らし!引越しの挨拶に行く割合は?

インターネットでのアンケート調査の結果、6割程度の人が「挨拶に行かない」という結果でした。

半数以上の方が挨拶に行かないのですね。

年齢層でも違いがあり、比較的若めの世代になると挨拶に行かない人が殆どという結果になるようです。

挨拶に慣れていないからなのか?面倒なのか?
ただ単に忘れてしまってるだけなのかは分かりません。

私がアパートで一人暮らしをしていた時の経験ですが、私の後に引越して来た方で挨拶に来られた方はいませんでした。

これがきっと現状なのでしょう。

あとは一人暮らしで突然インターフォンを鳴らされても出たくないと言う思いもあります。
その辺のことを考慮されている場合もあるかも知れませんね。

関連記事:引越しの挨拶に頂いた品物、お返しは必要なのか?

挨拶は常識!でも心配な部分も・・・

引越しの際は上下階と両隣の家に挨拶をするのが一般的と言われています。

夜の帰宅が遅く、夜に音を出してしまうことがある場合なども含めて「音を出してしまうかも知れません」と一言伝えておくだけでも相手の気持ちは違うものです。

「お互い様」で流してくれることでトラブルの回避にもなります。

また、どんな人が住んでいるのか知ってもらうことで「普段聞きなれない物音がする」や「見知らぬ人が出入りしている」などと言った普段との違いに気付いてもらえることもあります。

でも先述のとおり、近所付き合いを嫌がる人が増えています。

そして残念なことにどんな人が住んでるか知られることで犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

特に女性の一人暮らしになると嫌がらせや近所の人からのストーカー被害にあった話もあります。

挨拶に行かない裏側には犯罪防止の意識も多少はあるはずです。

実際に挨拶に行ったものの部屋の電気はついているのに出て来てもらえない!なんて話も聞きます。

関連記事:引越しの挨拶の品物!人気の商品や相場の金額は?

アパートでの一人暮らしの挨拶!どう判断する?

一番良いのは家主に聞いて判断してみることでしょうね。

家主はどんな人が住んでいるかを知っているわけですから、大体の判断はつくはずです。

それかやはり色んなケースに対応している不動産屋に聞いてみることでしょう。

家主なり不動産屋の判断で挨拶に行ってみて居留守を使われたとしたら?
そこは相手の判断になるし、自分は常識は果たしたことになります。

そういう相手だと思うしかないでしょう。