一人暮らしの引越しは、単身パックを利用すればかなり安く引越しをすることができるのをご存知でしょうか?時期にもよりますが、1万円ほどで引っ越すことができるケースも普通にあるのです。

是非当サイトを参考にして料金が安い・格安の単身パックを見つけてお得に引越ししてみてくださいね。

とりあえず料金を具体的に知りたい方は、簡単に複数の引越し単身パックの料金を比較してくれる一括見積りサイトを利用してみるのがおすすめです。無料で簡単に利用することができますよ。

 

目次

引越し単身パックには2種類ある

  • コンテナボックスごとに料金が決まっている『単身パック(Box型)』
  • 見積りをして料金を出してもらう『単身パック(見積り型)』

コンテナボックスでのパッケージ化した『単身パック』と見積りでの『単身パック』、それぞれについて詳しく解説をしていきます。

当サイトでは単身者向けの引越しプランをまとめて単身パックとして解説をしていきます。

引越し単身パック(Box型)とは?どんなサービスなの?

%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%97%e5%8d%98%e8%ba%ab%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%af引越し単身パックは各引越し業者が設けている単身者向けの引越しのパッケージサービスです。『引越し単身パック』という名前自体は日通が商標登録をしていますので、業者によって名称は変わります。

クロネコヤマトでは『単身引越しサービス』など同じようなサービスが提供されています。

引越しをするというと引越し屋さんがトラックに荷物を詰め込んでいく印象があるかと思いますが、Box型の単身パックはコンテナボックスごとで料金が決まっています。

例えば、日通の単身パックLプランでは、横幅108cm、奥行き104cm、高さ175cmほどのボックスの中に荷物を詰め込んでいきます。この中に収まる量でしたらかなり低価格で引越しが可能となっています。

こんなかんじのボックスに荷物を詰め込んでいきます。単身パック ボックス

普通のファミリー向けの引越しとは違う、荷物が少ない人向けの特別なサービスとなっています。

単身パック(Box型)よりも見積りをする方が安くなるケースが多い

引越し見積もり単身パック(Box型)の料金内で引越しができるのはボックスの中に全ての荷物が入れられる方のみです。

つまり、大きい冷蔵庫があったり、大きめのテレビがあるだけでもコンテナボックスに荷物が入り切らなくなってしまい、ボックスの数が増え逆に料金が高くなってしまう可能性があるのです。

パッケージ化されている単身パックを利用するよりも、引越し業者さんに単身引越しを見積もりしてもらったほうが安くなるケースは多いのです。

あなたにとって『単身パック(Box型)』と『単身パック(見積り型)』の料金どちらが安くなるかは、一括見積りをしてみることでわかります。

実はパッケージ化された単身パックよりも、見積りをしてもらった方が最安値の料金で引越しできる可能性は高いのです。

今はネットで簡単に見積り依頼ができますので、合わせて見積もりしてみるのがおすすめです。無料で簡単に利用することができますよ。

引越し単身パック(Box型)の料金・サービス比較

業者によってボックスのサイズで料金が変わる場合、ボックスの数で料金が変わる場合、作業員の数によって料金が変わる場合があります。

業者間でもサービスには違いが大きくあります。

日通の単身パックのケース

ボックスサイズ 料金
引越し単身パックS 1.08m×0.74m×1.55m=1.24m3 15,000円
引越し単身パックL 1.08m×1.04m×1.75m=1.97m3 16,000円

クロネコヤマトの単身パックのケース

ボックスサイズ 料金
単身引越しサービス
(miniタイプ)
1.04m×1.04m×1.30m=1.40m3 11,000円
単身引越しサービス 1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3 12,000円

ハトのマークの引越センター単身パックのケース

ボックスサイズ 料金
小鳩プチトラパック(短距離) 1.1m×0.8m×1.7m=1.50m3 11,000円
小鳩パック(長距離) 1.1m×0.8m×1.7m=1.50m3 21,000円〜
小鳩スカイパック(航空機) 1.1m×0.8m×1.7m=1.50m3 49,000円〜

赤帽の単身パックのケース

ボックスサイズ 料金
単身引越し節約プラン 積載量3.0m3 13,500円
単身引越し標準プラン 積載量5.0m3 15,000円
単身引越し安心プラン 積載量5.0m3 18,000円

赤帽はコンテナボックスではないですが同じように積載量で料金が決まっています。大型の家具も赤帽の引越し安心プランでしたら対応しています。

引越し単身パックの料金を比較してみると最安値は11,000円相場の料金は15,000円ぐらいとなっています。配達する距離や曜日によって料金は変わってきますのでそのあたりも計算に入れておきたいですね

赤帽はコンテナボックスではないのですが積載量で料金が決まっているので、日通の引越し単身パックなどと同じ感覚で利用することができます。

引越し単身パック(Box型)の特徴

引越し単身パック(Box型)のメリットやデメリットなど特徴を紹介していきます。

安い料金で引越しができるメリットもありますが、注意すべきポイントもあります。

  • コンテナボックスを利用するので料金が安くわかりやすい
  • 訪問見積もりをする必要がない
  • 運べる荷物の量やサイズが限られている
  • ダンボールは自分で用意する必要がある
  • 集荷日と配達日は別の日になる

コンテナボックスを利用するので料金が安く明確

一般的な引越しの料金は業者さんと話してみないとわからないものの単身パックは、ボックスの大きさで料金が公開されている業者がほとんどです。

自分が総額どれくらいになるか判断しやすいですし、ボックス内に荷物が入れば一番お得になります。距離が長くなると金額が高くなりますが都内で近くへ引越しをするなどの場合は距離的にも料金は把握しやすいです。

訪問見積りをする必要がない

ボックスごとの料金になるのでファミリータイプの引越しのように見積りをして料金を決める必要がありません。業者と時間を合わせずに、すぐに手配ができてしまうのが魅力ですね。

急な転勤での引越しにもスムーズに対応できるので1R〜1K当たりの引越しには便利ですね。

運べる荷物の量やサイズが限られている

普通の引越しでしたらソファーがある、ベッドがあるなどと臨機応変に対応ができる所ですが、単身パックはボックス内に荷物を入れなくてはいけないという制限があります。

ボックスに入らない分はボックスの数を増やしたり、家財宅配便などを併用する必要が出てきますので、荷物が入りそうかどうかをチェックしてみましょう。

ダンボールは自分で用意する必要がある

ファミリータイプの引越しでは事前にダンボールを貰える場合が多いですが、単身パックでは引越し業者がダンボールを用意してくれないので自分で用意する必要があります。

地元のスーパーにいけば大体無料でもらうことができるので店員さんに聞いてみましょう。ダンボールの大きさもある程度限られていて、奥行きに合ったダンボールサイズを用意する必要があります。

集荷日と配達日は別の日になる

車で30分前後の近距離の引越しの場合、日通の『単身パック当日便』を利用することで当日引越しも可能ですが、集荷日と配達日が別の日になることで料金が安くなっているという部分でもあります。

単身パック(Box型)で運ぶことができる荷物量は?

日通の単身パックLのケース

日通単身パックL

ボックスサイズ1.08cm×1.04m×1.75m=1.96m

  • 冷蔵庫1台(110L)
  • 洗濯機1台(4kgタイプ)
  • 液晶テレビ20インチ
  • テレビ台
  • 電子レンジ1台
  • 掃除機
  • カラーボックス
  • クローゼットケース3個
  • 姿鏡
  • 布団
  • ダンボール4個(サイズは520×350×350を目安に)

クロネコヤマトの単身引越しサービスのケース

クロネコヤマト 単身パック

ボックスの大きさは1.04m×1.04m×1.70m=1.83m

  • 冷蔵庫1台
  • 洗濯機1台(4kgタイプ)
  • 電子レンジ1台
  • クローゼットケース3個
  • 布団
  • スーツケース1個
  • ダンボール10箱(サイズは350mm×430mm×310mmを目安に)

ホームページに記載されている単身パックで運べる荷物量の例はこんな感じですが、テレビが含まれていたり、ダンボールが多かったりと違いはありますが、ボックスのサイズ自体はそこまで変わりません。

更に荷物が少なければもう一段回小さいボックスサイズもあります。

引越し単身パック(Box型)を利用したほうがいい人まとめ

人気の単身パックですが、どういった人におすすめのサービスなのでしょうか?

単身赴任だから荷物は最低限でいい

転勤が決まり単身赴任をすることになった場合など、自宅の家具は家族が使うので自分は最小限で引越しをする、東京から大阪への長距離の引越しだから持っていく荷物は減らしたいといった方にも単身パックはおすすめです。

引越し先で新しく家電・家具購入する

今ある家電や家具は処分してしまい、新居揃えるという方も単身パックが適しています。荷物の量が少なくなれば日通の『引越し単身パックS』のような最安値の料金でも引越しをすることはできるでしょう。

シェアハウスに住んでいて荷物が少ない

最近流行りのシェアハウス、物件によってはベッドや冷蔵庫まで最初からついている部屋もあります。今そういうシェアハウスに住んでいて一人暮らしをされる方など、運ぶのはダンボールや小さめの家具がメインという方も単身パックが適しています。

初めての一人暮らし

初めての一人暮らしをこれから始める。大学入学で上京する方などは実家から持っていく荷物の量が少ない場合が多いです。少し持ち運びする家具がある方はしっかりと見積りをして、単身引越しプランを検討してみてください。

単身パック(Box型)を利用した場合の流れ

%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%97%e5%8d%98%e8%ba%ab%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%83%e3%82%afs%e3%83%bbl%ef%bc%88web%e5%89%b2%e5%bc%95%e3%81%8d%e5%ae%9f%e6%96%bd%e4%b8%ad%ef%bc%89%ef%bd%9c%e5%8d%98%e8%ba%ab

引越し前日

ダンボールへの梱包など小物系の梱包は全部自分で行う必要があります。前日になって慌ただしく作業するのではなく前もって引越し準備をしておけるといいですね。

集荷日

家具や家電はスタッフが梱包してくれるので安心です。単身パックは女性の方でも気軽に利用できるようになっています。

配達日

集荷日と同じように家具や家電はスタッフにおまかせすることができます。設置までやってもらえるので宅配便などよりも全然便利ですよね。

単身パック(見積り型)の特徴

引越し単身パック(見積り型)のメリットやデメリットなど特徴を紹介していきます。

  • 大きな冷蔵庫、テレビ、ベッド、ソファがあっても大丈夫
  • 業者を比較することで料金を最安値にすることができる
  • 値引き交渉をすることも可能
  • 見積りをしないと正確な料金はわからない

大きな冷蔵庫、テレビ、ベッド、ソファがあっても大丈夫

コンテナボックスではなく2tトラックでの引越しになるので、通常の引越しと同じ、でも荷物は少なめの単身者用と考えてください。

ですので、家具や家電が普通に揃っている方でもあまり気にせず利用することができます。家具の量などで料金は変わってきます。

業者を比較することで最安値を探すことができる

大手の引越し業者以外の小さな引越し業者も見積もりの対象になりますので、最終的には引越し単身パック(Box型)よりも安い料金で引越しできる業者を見つけることができるケースが多いです。

値引き交渉をすることも可能

例えば『A社は2万円だったけど、もうちょっと安くならない?』などと交渉することもできるのです。料金が積載量や距離で決まっていると難しいですが、見積もり時にコミュニケーションを取ることができるのがメリットです。

見積りをしないと正確な料金はわからない

引越し業者は明確な料金をホームページ上に公開していませんので大体目安でしか説明はできません。一手間かけなければいけないのがめんどくさいと感じてしまう人も多いでしょう。しかし、引越しは大金がかかるイベントでもありますのでできるだけ安い所を探したい所です。

単身パック(見積り型)の料金・サービス比較

ここからは普通に見積りをするタイプの単身パックの紹介をしていきます。

ボックスタイプの単身パック以外にも各引越業者は単身プランを設けています。こちらの単身プランも含めて『単身パック』と呼ばれるケースが多いのでこちらも参考にしてみてください。

ある程度の家具や家電をお持ちの方は、こちらを利用されて単身引越しをされる方が多いでしょう。

プラン名 内容
アリさんマークの引越社 超ミニ引越しプラン ダンボールのみ10個まで
特ミニ引越しプラン ダンボール15個までとテレビ、チェスト。
ミニ引越しプラン ダンボール20個までとテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、自転車など
アーク引越センター ミニ引越しプラン  1R〜1LDK規模の近距離の引越し
ミニ引越し長距離プラン  1R〜1LDK規模の超距離の引越し
荷物多め単身プラン 比較的家財量の多いお引越
ハトのマークの引越センター 青春引越便 小鳩パックに収まらない長距離便
アート引越しセンター 基本コース 荷造り、荷解きは自分で
ハーフコース 基本コース+荷造り
フルコース すべておまかせ
ダック引越センター シングルプラン スタッフ2名での1.5トンか2トン車
サカイ引越センター せつやくコース 荷造り・荷ほどきは自分で
ご一緒便コース 他のお客様と一緒、到着日はおまかせ

多くの引越し業者はホームページ上に料金を記載していません。時期や状況で料金に変動もでてきますので一度見積りをする必要があります。

引越し業者もこれだけの数あると一件一件連絡をするのは大変ですよね・・・。

一括見積りを上手に利用すれば、こういった単身パックの料金を一気に比較することができるのです。

単身パック(見積り型)を利用した場合の流れ

見積りを依頼する

単身引越しプランの見積りをします。電話でもできますがWEB申し込み限定キャンペーンが合ったりとインターネットからの見積りのほうがお得になります。

ダンボールが届く

引越し業者からダンボールやガムテープなどの梱包資材が届きます。

荷造りを行う

届いたダンボールに細かいものや、本など大型家具以外のものを全てまとめます。

引越し当日

スタッフが大型家具や家電を梱包して、搬出、輸送、搬入、セッティングまで行ってくれます。ダンボールの荷解きはご自身でやりましょう。

引越し料金は時期によって変わる

引越しシーズンと言えば3月4月など進学、就職の時期ですよね。やはり新生活を始められる方が多い時期なので繁忙期は料金が高くなりがちになります。

繁忙期(2月、3月、4月)の単身引越しの料金相場

荷物小 荷物大 最安値
市区町村内(15km未満) 39,259円 52,975円 15,000円
都道府県内(50km未満) 47,620円 58,198円 15,000円
同一地方内(200km未満) 45,822円 71,510円 15,000円
近隣地方(500km未満) 53,211円 91,084円 16,000円
遠距離地方(500km以上) 67,202円 111,650円 20,000円

 

通常期(5月〜1月)の単身引越しの料金相場

荷物小 荷物大 最安値
市区町村内(15km未満) 34,376円 45,460円 13,000円
都道府県内(50km未満)  36,049円 45,379円  15,000円
同一地方内(200km未満)  42,068円  60,758円  16,000円
近隣地方(500km未満)  52,887円  77,052円  18,000円
遠距離地方(500km以上)  61,483円  96,128円  20,000円

引越し単身パックで一番安く引越しをするコツ

引越し業者って沢山あって、どこがいいのか迷ってしまいますよね?引越しが決まったのであれば、まずは見積りを取ってみましょう。

一番安く引っ越しするためには、複数の業者で引越し料金の見積りを取るのが一番です。

  • A社:4万円
  • B社:2万円

こんな風に業者によって料金が数万円変わってしまうなんて当たり前。一社だけで選んでしまうと、損をしてしまう可能性が高いです。

単身パック 比較

見積り金額がちょっと高い金額だったとしても『◯◯引越し社は3万円って見積りでしたよ』などと交渉してみると料金を下げてくれることが多いですので利用しないのはもったいない。

できるだけ多くの業者の見積りを取るほうがいいのですが、一社一社連絡をするのもかなりの手間になってしまいますよね。めんどくさくて簡単に業者を決めてしまう人が多いのです。

しかし、今はインターネットで簡単に一括見積りを取ることができますので、安く引越しをしたいのであれば一括見積は必ずやっておきましょう。

なぜ一括見積もりをすると安くなるの?

引越し業者は大手だけではなく、200社以上の業者があります。

引越しの料金は業者によってマチマチで、時期・タイミング・距離によって料金は変わってしまいます。東京では業者Aが最安値でも、千葉では業者Bが最安値になる可能性もあるのです。

東京・大阪間など長距離に強い引越し業者、都内を中心に格安料金で運営している引越し業者、単身での引越しを得意としている引越し業者など、大手の引越業者以外にも地域密着型のあなたの知らない業者は沢山あるのです。

複数の業者を比較することで、あなたの引越しプランに一番あった安いプランを選択することができます。

私も以前大阪から東京へ引越しをした時があったのですが、聞いたことのない引越し業者だったのですが、大手の相場よりもかなり安く設定してもらうことができました。

数日以内の引越しだったのにもかかわらず、平日の引越しで空きがあったので安くすることができたようです。こういった地域の格安業者を見つけることもできるのもおすすめの理由です。

引越し料金ってホームページに乗っていないので、提案された金額が安いのか高いのかわからない部分がありますが、一括見積をするとその時期の単身パックの相場の料金を教えてもらうこともできますので安心して業者を選べますよ。

私が1万円以下で引越し単身パックを利用した方法とは?

私も最初は引越しって高いイメージがあったのですが、有名な引越し見積もりサイトを利用することで1万円以下で引越しをすることが出来ました。その時に利用したのが『引越し侍』という一括見積りサイトでした。

こちらはCMでも放送されている有名なサイトだったので安心でした。

ネットで簡単な情報を入力するだけで、複数の単身パックを比較し、今一番安い引越し業者を見つけることが出来ます。もちろん無料利用することができます。

更に、見積と同時に引越の相場料金も出してくれるので凄く助かりました。

私は最初はアート引越しセンターにお任せしようと思っていたのですが、見積もりを取ってみたらSOCIO引越センターの方がかなり安いとわかったので、すぐに決めてしまいました。

インターネット申し込みの方限定のキャンペーンなどもプラスで行っていて、料金のキャンペーン値引きがあり、トータルとしては相場よりもかなりお得な引越しになりました。

引越し侍キャンペーン

実は10万円キャッシュバックしてもらえるケースなどもあるのでまずは見積もりだけでも取ってみることをおすすめします。

見積もりを取ったとしても必ず引越し業者を使わなければいけないわけではないので、その辺は安心してくださいね。

特に引越し侍はサカイ・アート・日通・アリさんマーク・アークなど、有名な引越業者さんの一括見積もりをすることができるのでおすすめです。

管理人がオススメする引越し料金一括見積りサイト一覧

私がおすすめできる一括見積もりサイトを紹介しています。引越し料金が最大50%オフになったり、高額キャッシュバックがもらえたり、ダンボールプレゼントがあったりとキャンペーンも豊富です。

各見積もりサイトによって案内してくれる業者は違うのでまとめて登録しておくことをおすすめします。

引越し侍

約250社以上の業者から最大10社まで比較できる。

見積りするだけで相場料金がわかるので、提案してもらった料金が相場より安いのか高いのかすぐにわかる。

サカイ引越センターやアリさんマークの引越社など大手の引越し業者も比較対象なのでおすすめです。

 

 HOME’S


お部屋探しをHOME’Sでされた方も多いのでは?引越し業者も一緒に探すことができちゃいます。

最短45秒の簡単入力。

全国130社と厳選された中で比較することが可能。

近場の引越しならば格安の赤帽とも比較することができます。

ズバッと


220社以上の業者と提携していて最大10社を無料見積もりすることができます。同じ条件だったとしても引越し業者が空いている日程があれば料金が安くなるケースが多いです。